>  > 失うものなんてなにもないんです

失うものなんてなにもないんです

風俗で失うもの、それは既婚者や恋人がいる人であればあるかもしれないんですけど、自分にとってはなにもありません。だからこそ、楽しみたい時に楽しむ。それがいいんじゃないかなって。確かに結婚していたら、風俗なんてともすれば離婚案件になってしまう可能性だって出てくるじゃないですか。恋人がいたら、別れの案件にもなりかねません。でも独身で恋人もいなければ、風俗でのリスクなんて何もないんです。強いてあげるなら財布からお金が少なくなるくらいのものなんじゃないですかね。でも、自分にももしかしたら恋人が出来たり結婚することになるかもしれないじゃないですか。だからそんな日が来るまでにしっかりと楽しんでおきたいなって(笑)もしかしたら無用の長物というか、心配する必要はないのかもしれないんですけど、そうした状況だけじゃなく、仕事が変わったりとか転勤したりとか状況が変わるかもしれないので、楽しめるうちに楽しんでおこうかなって。

お小遣い制だからこそです

結婚しているサラリーマンの大半がお小遣い制だと思うんです。その制度そのものは別に悪くはないですけど、ただその額でやりくりするのってかなり難しいじゃないですか。しかも風俗を楽しもうって思ったらかなりの出費になっちゃいますので、どうすべきなのか真剣に考慮しなければなりませ。クーポン、メルマガ。これらの存在は必須なんじゃないですかね(笑)自分もよく風俗のポータルサイトを見ているんですけど、それは良い風俗嬢とかお店を見つけたいって気持ちよりも、むしろクーポンがないかどうかの確認ですよね(笑)クーポンがあれば、やっぱりモチベーションは高くなるものなんです。言い換えればクーポンが無かったら定価で風俗を楽しむことになるじゃないですか。お小遣い制じゃなければいいんですけど、お小遣い制となれば話は別です。だから自分が風俗を楽しむタイミングは、性欲とかお金とかじゃなく、クーポンをゲットした時ってことになりますね(笑)

[ 2017-02-23 ]

カテゴリ: 風俗体験談