>  > 有給は貴重なんです

有給は貴重なんです

有給は社畜であるサラリーマンにとってとても貴重なものだと思います。自分もそうです。数少ない楽しみの一つですし、時代の変化から、最近は昔よりかは有休を取得しやすくなっていますよね。昔なんて有給なんて有名無実化していましたけど、今では忙しくない時期であれば有給は取得しやすいんですよね。まぁ有給を取得して何をするのかって言われると風俗くらいしかないんですけどね(笑)他の社員の話を聞いていると、有給と週末の連休を上手く重ねて旅行したとか、趣味を楽しんだとかいろいろと充実しているんだなって思うことが耳に入ってくるんですけど、旅行に興味もないし、趣味らしいものもない自分にとっては有給の使い道と言えば風俗ですね。普段は楽しめない午前中の風俗を楽しんだりとか、自分の知らない風俗を楽しんだり。働いているとどうしても仕事の後、夕方から夜にかけての利用になってしまいますけどそれ以外の時間の風俗を楽しめるのがメリットですね。

楽しみ方の極意はといえば

風俗を楽しむ極意は、女の子とどれだけ距離感を縮めるかだと思うんですよ。それは心のって意味ですね。心の距離をどれだけ埋められるのかによって、どんなプレイになるのかや、どんな快感が待っているのかが全く変わると言ってもいいでしょう。それは自分もこれまでの風俗でよく感じたことなんです。話が盛り上がると、その分お互いの警戒心が解かれるので、どこまで楽しんでよいのかが見えてくるんですよね。だから相手の懐にも入りやすいと思うんですけど、距離感が遠いままだと相手にどこまで行って良いのかとか分からないじゃないですか。それはきっとこちらだけじゃなくて女の子だって同じように思っていると思うんですよ。女の子だって風俗嬢である前に人間なんです。相手がどんな人間なのか分かっているのと分かっていないのとではどこまでして良いのか分からないと思うんですよね。だから風俗ではありきたりですけど、コミュニケーションが大切だなって。

[ 2017-06-09 ]

カテゴリ: 風俗体験談