>  > 仕事が軸ですけど風俗も好き

仕事が軸ですけど風俗も好き

生活の中心はどうしても仕事になってしまいがちではありますけど、でも心の中では風俗が中心かなって思っています(笑)仕事は義務とは言いませんけど、生きていくために必要なものであって、別に好きとか嫌いとかではなく、もはやどうにもならないことだと思うんですよね。でも風俗は楽しいじゃないですか(笑)仕事が嫌ではあっても、それなりに頑張れているのは、嫌ではあってもお金を稼がなければ風俗を楽しめないじゃないですか。宝くじで大金が当たったら速攻で風俗を辞めようって思っていますけど、なかなか上手くは行かないですしね(笑)だから仕事を頑張れているのは、それだけ風俗が好きだからこそなのかなって思っているんですよね。もしもですけど、風俗が無かったら自分では何も楽しみがないので、結局仕事もすぐに辞めちゃうんじゃないかなって思うんですよ。希望がなければどうすることも出来ないと思うんですけど、それが自分にとっては風俗なんです。

趣味というよりも生きがいレベル

風俗は趣味という枠を超えて、生きがいと言っても良いかもしれませ。それくらい、自分の中でとても大きな物となっているのはそれだけの存在感があるからこそです。やっぱり、単純に考えて風俗の良さって男として満足出来る点にあると思うんですよね。人として満足出来るサービスはたくさんあるともいますけど男として満足出来るサービスってあんまりないんじゃないですかね。しかも中途半端じゃないんです。男としての欲望をしっかりと果すことが出来るじゃないですか。そこに何より大きな魅力が隠されているんですよね。だから風俗はつい楽しみたくなりますし、本気で女の子と向き合うことにもなりますので、自分の中でこれ以上大きな存在はないんじゃないかなって思うんですよね。つまりは生きがいとするのも分かってもらえるんじゃないかなって(笑)趣味として気楽に楽しんでいたつもりだったんですけど、気付いたら風俗のことばかり考えるようになっていましたから。

[ 2017-07-06 ]

カテゴリ: 風俗体験談